睡眠障害をタイプ別に見る

チェック項目

「なかなか眠れない」「寝ているのに熟睡した感じがしない」「途中で目が覚めてしまう」など、人により症状はさまざま。自分の不眠タイプを把握して、適切な行動や薬選びを心がけましょう。

この記事の続きを読む

初めての睡眠薬にルネスタ

どの薬がいい?

睡眠薬といっても種類はさまざま。効果の強さや副作用への不安もつきものですよね。「ルネスタ」は作用時間が短かさや依存性の低さが特徴。依存性が低いとされ、睡眠薬ははじめて、という人でも安心してトライできます。

この記事の続きを読む

ルネスタは通販購入がおトク

ネットで買い物

「ルネスタ」は先発薬よりもリーズナブルなジェネリック医薬品がおすすめ。処方箋がなくても通販サイトで購入できるので、診察をためらっていた人や受診の費用を抑えたいという人には大きなメリットと言えます。

この記事の続きを読む

治したい不眠にはルネスタ

「夜、横になってもなかなか眠気が訪れない」
「一度眠っても、夜中に何度も目が覚める」
「睡眠時間はとれているのに、眠りが浅くて寝た気がしない」
など、不眠の症状に悩んでいる人は日本人の5人にひとりの割合でいると言われています。

眠りたいのに眠れないというのは大きなストレスとなりますし、不眠症はさまざまな病気の危険因子と言われています。
睡眠時間が短いと食欲を増進させる「グレリン」を多く分泌してしまい、肥満の原因に。また、不眠が続くと血糖値の上昇を抑える力が低下してしまうので、肥満や第二糖尿病を引き起こしてしまいます。
さらに、睡眠が不足すると交感神経の活動が活発な状態が続き、末梢血管が緩むことがないので血圧や心拍数も落ち着くことがありません。血圧が高い状態が続くので、高血圧の発症リスクを高めてしまします。

睡眠不足の状態が続くことは、脳の休息がとれていないということ。集中力や作業効率の低下の原因となり、学校や職場などでのパフォーマンスが十分に発揮できないという社会生活への影響も懸念されます。

さまざまな弊害を伴う不眠症は、症状が深刻になる前に改善したいもの。
ドラッグストアで購入できる「睡眠改善薬」と呼ばれる薬を試したことがある人もいるでしょう。手軽に入手できますが、一時的な不眠に使用する改善薬ではあまり効果を感じられないということも。

次に試してみたいのが、短時間作用型の睡眠導入剤「ルネスタ」です。
ルネスタは非ベンゾジアゼピン系の薬で、興奮状態や緊張を鎮めて気持ちを落ち着かせ、睡眠へと促す作用があります。ほかの睡眠薬に比べて少ない量で睡眠作用が続くので依存のリスクが少なく、睡眠薬を使うことに不安がある人にもおすすめ。
「ルネスタ」は通販で手軽に購入することができるので、不眠に悩んでいる人は一度試してみては。

ルネスタの副作用とは

薬の副作用

睡眠薬の中では、副作用や依存性などのリスクが比較的少ないとされる「ルネスタ」。とはいえ、効果が期待される薬には副作用の心配も。有効成分の特徴を正しく理解し、安心して服用したいですね。

この記事の続きを読む

ルネスタとの上手なつきあい

いろいろな成分

ルネスタは効果が現れるのが早く、作用時間が短い睡眠薬。入眠障害や中途覚醒に効果的とされています。薬の特徴と自分の不眠パターンの相性を見極めることが、症状改善への一歩です。

この記事の続きを読む